J-CREWプロジェクト ロゴ

船の重要性

外航海運は私たちの豊かな暮らしを守る生命線。

船を支える海運

四方を海に囲まれた島国・日本。ここで暮らす私たちは、豊かな自然の恩恵を受けながらも、国土が狭いことから国民生活や産業活動に必要な"資源"はほとんど産出されません。そのため、原油やガスなどのエネルギー原料、鉄鉱石などの工業原料、小麦や大豆などの原料は、海外からの輸入によって支えられています。一方、工業原料を加工した自動車や電気製品などは逆に海外へと輸出され、その物資輸送の割合は輸出入ともにほぼ100%(重量ベース)を"外航海運"が占めています。
また、日本企業の生産・販売拠点がグローバル化すると同時に、物流のニーズも多種多様化しています。こうした変化にも日本の海運業界は、長距離・大量・安定輸送という船の利点を生かしながら、物流の"要"としてサービスの充実に努めています。
外航海運は、まさに私たちの豊かな暮らしを守る生命線であり、日本経済を支える重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

キャラクター

イメージ写真

海を越えて運ばれてくるエネルギー原料

日本のエネルギー原料の自給率はわずか4%しかありません。原油は99.6%、天然ガスは99.6%、石炭はほぼ100%海外からの輸入に依存し、これらが船によって運ばれなければ、私たちの暮らしはおろか、日本の産業活動自体が止まってしまいます。
近年、太陽光や風力発電など自然エネルギーが注目されていますが、まだまだ石油、天然ガス、石炭の需要には遠く及びません。エネルギー資源国と日本をつなぐパイプライン、それが外航海運なのです。

イラスト

海運なくして語れない私たちの「衣・食・住」

私たちの「衣・食・住」に関わる原料のほとんどは海外に依存し、エネルギー資源同様、船によって運ばれてきます。
「衣」の分野では、シャツやセーターなどの原料となる綿花・羊毛はほぼ100%。さらに、原料だけでなく、大量の衣料製品も輸入されています。「食」の分野では自給率約40%でありながらも、パンや麺の原料となる小麦、豆腐・醤油・味噌などの原料となる大豆、あるいはとうもろこしなどは、そのほとんどを海外から輸入しています。また、魚介類・肉類・野菜・果物など、食卓に欠かせない食料も冷凍・冷蔵されて運ばれます。「住」の分野に関しては、木材の多くが輸入されています。
このように、私たちの身近にある多数の生活品が船で運ばれており、外航海運がなければ私たちの暮らしは成り立たないのです。

イラスト

キャラクター

参考文献
・パンフレット「日本の海運 SHIPPING NOW 2011-2012」

ページトップへ