J-CREWプロジェクト ロゴ

船員プライヴェート

休日・休暇

乗船勤務に従事していた船員の休日・休暇は、連続してまとめて取得することができます。例えば、一般企業の連続休暇が長くてゴールデンウィークの10日程度であるのに対して、船員は約4ヵ月乗船後、約2ヵ月程度の休暇(または約6ヵ月乗船後、約3ヵ月程度休暇)の長期休暇が可能。これを利用して旅行をはじめさまざまな活動をじっくりと楽しむことができます。以下、船員として勤務した場合の休日・休暇について解説いたします。

年間の休日・休暇の付与、およびその取り扱いなどは労働協約で定められています。陸上休暇は年間120日(有給休暇25労働日含む)とされており、その他に乗船中は週1日の船内休日があります。また、本人の結婚、近親者の死亡に対応した特別休暇の付与など、船員の特殊事情を配慮した休暇制度も定められています。
また、休暇取得の要求と社会的な奨励から、例えば4ヵ月乗船後は約2ヵ月程の休暇を取る、といった乗船・休暇サイクルが望ましいともされています。

一年のスケジュール(例)

123456789101112
スケジュール乗 船休 暇乗 船休 暇

この他にも6ヶ月乗船3ヶ月休暇などのスケジュールもあります

イラスト

参考文献
・商船高専キャリア教育研究会編(2009)「船しごと、海しごと」海文堂
・社団法人 日本船主協会「海の上のプロフェッショナル〜世界に広がる夢の職場」

イメージ写真

イラスト

ページトップへ