J-CREWプロジェクト ロゴ

船を支える人々

船長の仕事

すべての業務・人事を掌握する船全体の指揮官。キャプテンまたはマスターと呼ばれています。積荷や乗客を安全に目的地へ運ぶ責任があります。主な仕事は季節ごとの気象や海の状況を考慮して針路を定めたり、出入港時や狭い海峡、水路などを通過するときは自ら指揮を執ったり、また、船の安全を守る必要がある場合は船員、乗客に対して命令することができるなど、法によって強い権限が与えられています。

06:30起床
07:00朝食
07:30ミーティング甲板部、機関部の各代表者を集め、昨日の反省点・作業の報告、ならびに今日の作業と安全確認、問題点の把握、人事面など、船長が中心となってミーティングを行います。
08:00デスクワーク(通信・事務作業)
12:00昼食(食事しながら作業状況の報告など)
12:30休憩
13:17デスクワーク、見回りほかデスクワークが基本ですが、甲板部の見回り、若手の直接指導、またトラブルがあったときの対応など、日によって仕事内容が変わります。

デスクワークは、主にメール返信などの通信業務、チェックリストの作成、ヌーンレポート(12時の位置の報告、到着予定の報告)、ナイトオーダーブック(海賊注意、漁船が多いなどの報告)の作成など多岐にわたります。
17:30夕食(今日の報告を兼ねて談笑)
18:00自由時間船によって違いますが、カラオケ、トレーニングジム、卓球、バスケットコートなど、娯楽やストレス解消の設備も万全に整っています。
23:00就寝

船長イメージ写真

ページトップへ