J-CREWプロジェクト ロゴ

船を支える人々

機関士の仕事

機関士には、三等機関士、二等機関士、一等機関士、そして機関長の階級があり、一等機関士は、メインエンジンなど船を動かす主要機器を担当し、常に良好な運転を維持できるよう努めています。二等機関士は発電機やボイラー、舵を取る機械、三等機関士はクレーンや電気、冷蔵庫を冷やす冷凍機、その他多種多用なポンプ類などを担当しています。航海中、交代で24時間、機関室を監視する船もありますが、現在の大型船では、機関室に監視をする人が居ない夜中に機関室を監視するアラーム警報装置を設置している船が大半を占めています。

06:30起床
07:00朝食
07:30見回り、ミーティング見自分が担当する機械を中心に、エンジンルーム(機関室)の運転状況全体を見回ります。そして、引き続き、機関士チームのみでミーティング。(今日の作業、安全確認など)
08:15仕事開始自分の持ち場に張り付き、現場では整備、製造、点検などを行います。ルーティンワーク以外に別途アクシデントが起きた場合は機関長、船長と相談し対処に臨みます。
10:00休憩(進捗状況の報告・相談しながらティータイム)
10:30仕事再開
11:50昼食
12:20※コンディションの計算(三等機関士の場合)
13:00仕事再開
15:00休憩現場は40〜50度に達する日もあるので、とくに午後の休憩は必至。お茶を飲みながら作業の報告・相談を兼ねて体を休めます。
15:30仕事再開
16:50ミーティング(今日の報告・反省、明日の予定の確認)
17:00作業終了、解散(シャワータイム)
17:30夕食
18:00自由時間(上位職をめざし資格の勉強、業務の勉強など)
23:00就寝

機関士イメージ写真

ページトップへ