J-CREWプロジェクト ロゴ

機関長 chief_engineer ENGINEER

エンジニアをめざす人にとって、大型船は究極のステージ。 日本郵船株式会社 渡沼英夫氏

――航海中のアクシデントなど、これまで一番印象に残っている出来事は何ですか。

乗船して初めて担当した冷凍コンテナが故障した時ですね。機関長に自分のプランを提案し、なんとかその危機を乗り越えたときは「この世界でやっていける」という自信がつきました。陸上にいると、何かアクシデントが起きてもいろんなサポートを受けることができますが、船上では自分たちの力でなんとかしなければならない。各機器のトラブルを最小限に抑え、船をスケジュール通りに運航することができた時には、まさに船の"生命線"でもある部分を我々が動かしている、というプライドが芽生えた瞬間でもありました。

――機関長として苦労する点、またはやりがいを感じる点は何でしょう。

若い時は担当している機械の面倒を見ているだけでよかったのですが、機関長となった今、エンジルームの機械、装置はもとより、乗組員の安全、職場の環境づくりなど労務管理にも気を遣わなければなりません。その辺りが大変な点でもありますが、若い世代、外国の人たちをうまく調和させ、その都度、いいチーム作りをしながら航海を無事成し遂げたときには達成感といいますか、大きな喜びを感じますね。また、天気や海水温度も日々変わるので、船長とコミュニケーションを図りながら気象状況を判断し、その辺りをいかに先読みして対応していくか、というところもやりがいのある部分です。

―― 最後に、これから機関士として外航船員をめざす若い皆さんにメッセージをいただけますか。

自分たちの手でエンジンを動かし、電気を作り、水を作り、船上での生活の場を作り上げていく、まさに航海を支える縁の下の力持ち。私たちがいなければ船は動かないんだ、という部分が、機関士という仕事の最もやりがいを感じるところですね。また、船のエンジンルームは機器全般広範囲に勉強もできますので、エンジニアを目指す方にとってはこれ以上の環境はないと思います。大きい船でいろんな国へ行けて、いろんな人たちとの出会いがある外航船員の仕事は、とにかくスケールが大きいです。世界を舞台にダイナミックに活躍したい方は、ぜひ、思い切ってチャレンジしてみてください。

ページトップへ