J-CREWプロジェクト ロゴ

若手機関士 SECOND ENGINEER

海も、船も、暮らしも、エンジンも、すべてがダイナミック! 川崎汽船株式會社 田村 陸氏

――航海中のアクシデントなど、機関士になって一番印象に残っている出来事は何ですか。

自分が初めて乗った船での出来事です。このときはコンテナ船だったのですが、航海中、自分が整備作業をしている途中に不具合(バルブからの漏れ)を発見し、上司に報告したところ「自分で計画を立ててやってみろ」と言われ、初めて自分ひとりで補修計画を立てることに挑戦しました。分からないことも多々ありましたが、最終的に私を中心にチーム全員で力を合わせて解決することが出来ました。初めての乗船だったこともありますが、あれはうれしかったですね。以来、船を安全に運航する為にはいったい何が必要なのかを日々考えながら、自分たちチームが一丸となってエンジンを動かしていく、という喜びを現場から感じられるようになりましたね。

――最後に、これから機関士として外航船員をめざす若い皆さんにメッセージをいただけますか。

まず、興味があるなら、思い切って飛びこんでみる。中へ入ってみると、良いところ、見えなかったところも見えてくるので、最初から頭で考え過ぎず、トライしてみることが大事。巨大な機械が稼動するダイナミックさ!チームで作業を行うことの喜び!航海に出ると、360度海に囲まれ、夜中の星がとにかく綺麗、というのもプラス要素ですかね。航海中はあまりお金を使わないので、貯金が貯まるのもポイントでしょうか。

ページトップへ