J-CREWプロジェクト ロゴ

船員への道のり

船員になるためには、海技免状取得が必須です

船員の仕事は、夢とロマンだけでなく、海上輸送を通じて日本経済の根幹を支える重要な役割を果たしています。だからこそ、未来を担う若い世代にとって"価値ある職業"だと言えるのです。

船員には、海技免状を持つ「職員(オフィサー)」と、職員を補助する「部員(クルー)」の二つに大きく分けられますが、職員として船に乗り組むためには、船の大きさや種類、航行する区域に応じて1級〜6級までの海技免状が必須となります。「外航船員」になるためには3級を取得するのが一般的で、いずれもある一定期間、実際に船に乗って実習経験(乗船履歴)を積むほか、国家試験(学科試験と身体検査)に合格する必要があります。

船員に適した性質・能力も重要な要素です

『J-CREWプロジェクト 〜やっぱり海が好き〜』が推進する「外航船員」を例にとってみましょう。この場合、主な選択肢は二つ、高等学校卒業後に商船系大学へ進学するか、中学校卒業後に商船高等専門学校に進学するか、このいずれかの進路に分かれます。
商船系大学へ進学した場合、修学期間は4年(合計6ヵ月間の乗船実習あり)。卒業後、さらに6ヵ月間の乗船実習科を修了すると3級の海技士国家試験を筆記試験免除で受験することができます。

また、商船高等専門学校に進学した場合、修業期間は5年6ヵ月(4年6ヵ月の座学教育と1年間の乗船実習)。卒業すると、こちらも3級の海技士国家試験の筆記試験が免除となり、口述試験のみの受験となります。

船員への道のり図

※なお、近年、一般の高校、大学を卒業後、海運業界に就職してから海上技術短期大学校や海技大学校を利用して外航船員になるという道も開かれています。

ページトップへ