J-CREWプロジェクト ロゴ

商船系大学とは

国際的な専門家の育成

商船系大学の目的は、海事・海洋に関する専門的な教育研究によって、海・船・環境・エネルギー等に関する深い理解と幅広い教養を備えた国際的人材の育成です。各校の特色を生かした海事科学や海上輸送に関する学部が設置されており、一般教養科目および専門分野の基礎科目を学んだ後、「航海系」と「機関系」に分かれ、未来の海運業界を担うスペシャリストとなるよう育てています。

充実の乗船実習

商船系大学では、海上のスペシャリストを育成するため、操船シミュレータやレーダーシミュレータ、船舶運航性能実験水槽など、充実の施設を完備。4年間の修学期間中、これらの施設を利用しながら実験や演習を積み重ねます。また、在学中には航海訓練所の練習船による乗船実習があり、さらに卒業後、乗船実習科に進学し6ヵ月の乗船実習を終えると、外航船員に必要な3級海技士(航海・機関)資格の海技士国家試験を筆記試験免除で受験する資格を得ることができます。

写真:商船系大学学生

日本地図 神戸大学 東京海洋大学

ページトップへ